在宅勤務・テレワーク時の注意点

在宅勤務・テレワーク時の注意点
このエントリーをはてなブックマークに追加

働き方改革の一環として柔軟な働き方が広がる昨今ですが、出先や自宅などで仕事をする在宅勤務・テレワークの導入が進められています。
しかし、セキュリティ対策の施された職場以外での不用意にネットを利用すると情報漏洩やウイルス感染などの思わぬ脅威にさらされることもあります。職場外で仕事をする際の注意点をご紹介いたします。

 

公衆Wi-Fi利用の注意点

 

公衆Wi-Fiを利用する場合、手軽に使える一方セキュリティ対策が施されていない場合もあり、思いがけずセキュリティに不備のあるWi-Fiスポットや悪意のある第三者が設置した偽Wi-Fiスポットに接続してしまうリスクがあります。この偽Wi-Fiスポットは利用者が誤って接続するように、正規のWi-Fiスポットの周辺に同名、あるいは似た名称のSSID(ネットワーク名)として設置されることも想定されます。こうしたWi-Fiスポットに接続した場合端末の通信内容を盗み見られたり、詐欺サイトへ誘い込まれたりする可能性があります。

公共の場でパソコンやスマホなどを使う場合、セキュリティが有効になっているかチェックして利用する等をしたり、不安な場合はスマホのテザリング機能を利用したりモバイルWi-Fiを利用しましょう。更にセキュリティ対策ソフトを利用することを併用すれば安心です。

もちろん第三者による物理的なのぞき見にも注意が必要です。もし、職場に不利益を生じさせる情報や、信頼を失墜させるような情報を漏えいさせてしまった場合、当事者の責任が問われる可能性があります。その為に画面フィルターで対策も忘れないようにしましょう。

 

在宅勤務時の注意点

 

業務に家庭内ネットワークを利用する場合、通信の出切口であるホームルータのセキュリティを確保することです。なぜなら、ホームルータにセキュリティ上の不備があった場合、悪意を持った第三者によるネットワークへの不正侵入、ネットワーク内の機器の不正なサイトへの誘導やウイルス感染などの被害に遭うリスクがあるからです。さらに、社内ネットワークに侵入するための踏み台として、家庭内ネットワークが悪用される可能性もあります。その為にルーターの管理用ID、パスワードは必ず初期設定から変更し、OS・ファームウェアは最新の状態を保つようにしましょう。

USBメモリーは持ち運びやデータのやり取りに便利な反面、盗難や紛失による情報漏えいのリスクに加え、他のパソコンを介してコンピューターウイルスなどのマルウェアに感染してしまう恐れもあります。その為にUSBメモリーは、データ暗号化やウイルス対策機能を備えたもの利用したり、保存したデータはそのままにせず、利用後は削除しましょう。

 

在宅勤務・テレワークの導入を検討するなら、企業が目指すセキュリティのレベルに応じた対策を取ることが適切です。導入を検討している方、悩み事などいつでもご相談を受け付けております。

 

沖縄情報セキュリティ相談センター

https://okinawa-security.jp/contact/

このエントリーをはてなブックマークに追加

コラム

導入事例

小冊子ダウンロード

Contact

お気軽にお問い合わせください